2011年3月20日日曜日

再スタート

この度の東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さまその家族の方々には謹んでお見舞い申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

また、私の家族に対してご心配いただきお礼申し上げます。
このような事態の中で、仲間の大切さを改めて実感できたことは私にとって大きな力になりました。



私の居住地は三重県鈴鹿市なので、直接的な被害はありませんでした。
しかし私の出身地が福島県郡山市で親兄弟、親族がいるため、傍観者ではいられません。
地震の脅威が落ち着きつつありますが、放射能の脅威が現在も大きな問題です。

そんな中で、発生から約10日が経過し家族の安否確認が一段落しました。
そしてようやく自分自身気持の整理がつきました。

家族や被災地の皆さんに自分ができることを実践しなければいけません。
そして経済活動も待ったなしです。

再スタートを切る決意で、これまで以上に集中していきます。
皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。





0 件のコメント:

コメントを投稿